エクセル、コンパクトの設置について

エクセル」「コンパクトなどの設置について、説明します。
(実際の設置には、かならず取扱説明書をお読みください。)

DIYでできます。
もちろん、大工さんにお願いしても良いです。

別荘、田舎暮らし、山小屋など、さまざまな場所で活躍しています。

(写真下:前橋市S様 別荘/ゲストハウスにて週末利用)
maehashi-s01.jpg
(写真下:北海道標茶町A様 別荘利用)
shibecha.jpg

電気モデルの設置は、基本的に次の二つだけです。

(1)換気パイプを屋外にだす

(2)ドレインホースの設置(必要な場合のみ)


それでは、(1)換気パイプを屋外にだす から説明します。
まず、お届けの際にDIYキットを同封しています。

DIYkit_electric.jpg

基本的に必要なものはすべて含まれています。

まず、コンポストトイレ本体の設置位置を決めます。

次に、のこぎり(ホールソー)で壁に穴を開けます。
holesaw.JPG
窓を利用する方法もあります。
ベニヤ板とエアコン用の粘土を使ってください。
壁に穴をあけなくて良いので簡単です。
mado_vent,jpg.jpg
ジャバラのパイプを使用する方法もあります。
jyabara_akiyama.jpg
換気の効率をよくするために斜めを推奨しています。

必ずというわけではありませんが、とくに、
「将来的に、コンポストトイレを電気を切って使いたい」
とお考えの場合は、かならず斜めにしてください。

継ぎ手と接続して、屋外で垂直にしてください。

yamanashi_k_vent.jpg
風で飛ばされたり、雪で折れたりしないように。

また、「防虫ネット」を購入してとりつけます。
小鳥や虫の侵入を防ぎます。
(申し訳ありません、こちらは付属していません。)
bouchu_net.jpg

寒冷地の場合は、断熱材(付属品)換気パイプにまきつけます。
長さが足らない場合は《庭仕事ひろば》までご連絡ください。

これで換気パイプの完成です



寒冷地の場合、人数が多い場合、停電を想定する場合には、
(2)ドレインホースを設置 してください。
下記をお読みください。

設置がおわりましたら、ぜひ下記もお読みください。
《コンポストトイレの掃除・点検》・・・(現在作成中)

ご質問などがありましたら、お気軽にお聞かせください。こちら

      

月別アーカイブ