雑排水処理・利用の最近のブログ記事

(紹介のためのリンクです。)

芙蓉パーライト株式会社 http://www.fuyo-p.co.jp/index.shtml
簡易尿処理システム モンライト http://www.fuyo-p.co.jp/p5.html


毛管浄化システム株式会社 http://www.mokan.co.jp/

生活排水やコンポストトイレからの余剰水分を、処理する方法として、

《有気性ガーデンベッド》を紹介します。



孔のあいたパイプ(有孔管)を使って、地下浸透(環境汚染)することなく、土中の微生物の働き、および太陽熱、草木の水を吸い上げる力などによって処理する設備です。


下には防水シート、そして豆粒大の小石・砂利・砂などを敷き詰めます。

下の概念図では、排水・尿液が左から流入します。右側に通気孔があって酸素を取り込む仕組みです。


liquid gold.jpg

イラスト出典: Liquid Gold: The Lore and Logic of Using Urine to Grow Plants


   *     *     *


あくまで参考例ですが、上記のコンセプトを実用化するためのプランをイラストにしてあります。


【横から見た図】

gardenbed_yoko.jpg

【前から見た図】
gardenbed_mae.jpg

(図をクリックすると大きい画像が表示されます。)

上記はあくまで参考例です。気候・地質・行政指導・使用頻度・水分量などの 諸条件、および水分処理の目的、予定使用年数、などによって大きく異なるで しょう。

・《ガーデンベッド》は陽当たりの良い場所につくってください。
・《ガーデンベッド》の長さは、水分処理の量に応じて、5~10 メートルを目安 とします。 
・最も下には防水シートなどを敷きます。地下浸透(環境汚染)しないように します。
・使用する頻度・人数が多い場合は、ガーデンベッドを長くします。その場 合は、土地の状況に応じて、「コの字型」や「弓の字型」も検討するとよいでし ょう。
・直径100ミリの《有孔管/トレンチパイプ》を使用し、まわりを砂利で囲ってください。孔を自分であける場合は、径5ミリほど。ナイロン生地や網を巻いて、砂が入らないようにすると良いでしょう。
・空気をとりこみ微生物を活性化させるため、パイプの反対側は地表にでるようにします。(雨が入らないように工夫する。)
・下には、2〜3センチの砂利をいれる。
・砂利の上には、草木が育つようにするため、土をいれます。
・地表には、グランドカバー(芝生などの草木)を播種します。根をはり、水分を吸い上げます。
・地表部分は、土を盛り上げておきます。雨が流れ込まずに横に流れるようにするためです。
・生活排水を処理するためには、一人あたり10mを目安にしてはいかがでしょうか。
以前より紹介している排水処理システム「花水土(はなみづち)」を、私どものところでも2基を購入しました。
ベランダで原水(ひとまずは小水を)を流して試験しようと思います。

(下記一番下の写真は、生活排水用としての使用例です。)

1基・・・・5,500円
2~3人家族なら5基必要・・・・5,500円×5
積み重ねもできます。
送料は3,000円から5,000円

DSC02745.jpg

DSC02751.jpg

IMGP3293花水土使用例.jpg

花水土の容器のお問い合わせや注文は、下記まで。
高松市(株)安戸組 ご担当: 橋詰樣 TEL 090-5713-1452

その他必需品は: 
鹿沼土大粒 18リットル 700円・・・・10L袋や18L袋で売られています。 
軽石大粒 18リットル 700円・・・・価格は目安です。 
畑の土 5~10リットル 

ご参考になりましたら幸いです。 
追ってレポートしたいと思います。 

(注記) 花水土は本来、トイレではなく雑排水処理のための装置です。下水のないところで水路に流せるようにします。 
また、尿は水路に流してはいけません。畑でリサイクルするのが理想的です。 

参考: 
コンポストトイレをお使いになるとき、余剰水分がある場合はどのように処理したらよいでしょうか。

コンポストトイレ「エクセル」「コンパクト」などの電気を使うモデルの場合は、内蔵のヒーターの働きで水分を蒸発させます。利用人数や周辺温度の条件がととのっていれば、分解熱も手伝って、水分はほとんど蒸発させることができます。

しかし、電気を使わないタイプ「エクセルNE」等の場合、また電気モデルでも利用人数が多い場合など、余剰水分が発生します。
※NEは、ノン・エレクトリック(電気を使わない)の略です。




尿の活用例201202.jpgこの水分を一時的にポリタンクなどで受けてから、肥料(液肥)として使用します。

水分は重たくなるので、100Lなどの大きなポリタンクを畑に据え置いて、そこに排水ホース(または塩ビパイプ)を延長するのも良いでしょう。

usui_kishaku.jpg畑にまくために、消毒してから希釈して下さい。
石灰窒素を約2〜3%加えて有害菌を減菌し、一昼夜おいてから、水を加えて5〜10倍に希釈すると肥料として使えます。
(希釈をするのは、植物の害になる塩分濃度を薄めるためです。)
希釈には、雨水を利用すると便利・節約的です。

hatake_ni_maku.jpgその他には、 「コンポストパイル」という方法もあります。

肥料として畑にまく、というのは良いリサイクルなのですが、実際には、頻繁に水を撒くのは骨がおれることとなります。季節によって撒く必要がない場合もあります。

これは、次の写真のように、母材(写真の例は籾殻です)にコンポストトイレからの余剰水分をしみこませる方法です。

前述のように石灰窒素で滅菌してから一昼夜おいてから行って下さい。畑でおこなうと雨・夜露などで自然に希釈され、周りの植物が養分を吸収します。
ここ数年間の実践では、塩害を発生している様子はありません。


4.jpg

ジョウロを使ってパイルに撒いています。籾殻は材料としてお勧めできます。夏でもコバエが全く近づきません。

次の写真は、籾殻ではなく、枯れ葉や朽ち木を使ったものです。カゴは(底が)穴があいているものを使用します。

compostpile_kago.jpg冬の果樹園にて。竹のチップを使用した例。

compostpile_bamboo.jpg

お風呂/シャワーや台所の排水、いわゆる生活雑排水について、環境にやさしくて安価な処理方法をさがしています、というお問い合わせを多く頂きます。
「庭仕事ひろば」では、コンポストトイレの情報とあわせて、雑排水処理についても、いままでの調査や経験などをできるかぎりお伝えして行きたいと考えています。

   *   *   *

 私ども、以前はダイワ化成さんの雑排水処理槽「クリーンガード」を兵庫県福崎町のほうで使用していました。雑排水処理に関する問合せをいただいた際にはお勧めしていたのですが、残念ながらすでに製造終了となってしまったとのことです。
 そこであたらしく、フジクリーン工業(株)、前澤化成工業(株)の製品を紹介いただきました。生活排水の処理技術開発に特化していると伺いました。少人数型の浄化槽も開発・販売されています。

CF-II型(5/7/10人槽)
fujiclean_cf2.gif

浄化槽カタログダウンロードはこちら

詳細・問合せは下記のホームページでどうぞ
フジクリーン工業株式会社
お風呂/シャワーや台所の排水、いわゆる生活雑排水について、環境にやさしくて安価な処理方法をさがしています、というお問い合わせを多く頂きます。
「庭仕事ひろば」では、コンポストトイレの情報とあわせて、雑排水処理についても、いままでの調査や経験などをできるかぎりお伝えして行きたいと考えています。

   *   *   *

「花水土(はなみづち)」というものがあります。「四電技術コンサルタント」生地さんによる「傾斜土槽法」のことで、高低差をつけた土壌のなかで微生物の働きで浄化させるものです。

page_07_01.jpg


傾斜土槽法「花水土」

標準型の台所排水であればコンパクト(傾斜土槽5段積み)で金額も約10万円から、メンテナンスも簡単、とのことです。ぜひ問い合わせてみてください。

http://www.yonden.co.jp/corporate/yonden/group/houjin/page_07.html

「花水土」をとりいれているkokkoさんのブログ
お風呂/シャワーや台所の排水、いわゆる生活雑排水について、環境にやさしくて安価な処理方法はないだろうか、というお問い合わせを多く頂きます。
庭仕事ひろば」では、コンポストトイレの情報とあわせて、雑排水処理についても、いままでの調査や経験などをできるかぎりお伝えして行きたいと考えています。

*   *   *


まずは、(有)山和樹脂加工所さんの取り組みによる、下記の方式をご紹介します。パンフレットをPDFにしたものもアップしますので、どうぞご参考になさってください。

●ニイミ式浄化法(PDF資料).....新見正氏が開発した「土壌浄化法」は、汚水を土壌にうまく浸潤させることにより、地表1メートルくらいの土壌に生息している土壌動物や土壌微生物、植物の根などを利用して排水を浄化させる原理です。

●スパスムシステム(PDF資料).....上記の新見式を実用化したものがスパスムシステムです。

niimi.gif

詳細・問合せは下記のホームページでどうぞ
(有)山和樹脂加工所

汚水処理ポンプ

雑排水処理槽に汚水処理ポンプ(ばっき用ポンプ)を導入しました。

汚水の放流で川や水路を汚すことがありません。

ポンプを稼動させることで臭いはもちろん、くみ上げた排水は色もより透明になります。

空気の力は大したものです!!感動!!


【ばっき中】
DSC00362.jpg

【汚水処理ポンプ】
DSC00358.jpg
【ポンプの雨よけ】
DSC00360.jpg
ポンプは100V40W/電気代は1日2.9円(夜間7.22円/kwh)


福崎で設置している雑排水処理槽は二槽式、三段階の工程を得て、放流される仕組みになっています。

夜間にばっきをして汚水処理をすれば、一槽のタンクでも効果が得られるはずです。
例えば、200~300Lのタンクを用意し(人数に合わせて)、ばっき後に散水に利用。
不用なときは放流する仕組みを作れば、手間いらずです。


雑排水処理槽から排水をくみ上げる為に井戸式のポンプを取り付けました。
写真はいつもお世話になっている大工さんです。


kawakami.jpg
生活排水は天候に左右されず毎日利用できます。
植木に十分水遣りができます。


CIMG3094.JPG



公共の下水のないところでは、合併浄化槽の設置が義務付けられているところが多くあります。
合併浄化槽は、設置後の管理を人任せ(業者さん)にしなければなりません。
結果はやはり臭いものには蓋をすることになります。
合併浄化槽なら溢れる水?汚水?は大手を振って水路や川に流せますが、流れ出る排水は本当に大丈夫でしょうか。
生活排水は合併浄化槽ではなく、トイレと生活排水は別途に処理をすることが望ましいのではないでしょうか。


公共の下水のある生活では、あまり気にせず、気づかずになんでも下水に流してしまいます。
いくら下水処理されるといっても、その水がまた、循環して飲み水になることを想像すると恐ろしくないですか。
いつも安心して水道水が飲めるようにしたいものです。


洗剤の使いすぎは止める。
有害な薬品は使わない、流さない。
水洗トイレはトイレットペーパーは流さない。
などなど今すぐできることもあります。

とにかく気になる人から実行しましょう。
そんなお仲間が増えることを楽しみにしています。
12

      

月別アーカイブ