庭仕事の最近のブログ記事

2019年夏

01IMG_20190914_131652.jpg
02IMG_20190914_131247.jpg
03IMG_20190914_131358.jpg
04IMG_20190914_131349.jpg
05IMG_20190914_131510_1.jpg
06IMG_20190914_131942.jpg
07IMG_20190914_131153.jpg
08IMG_20190914_131126.jpg
09IMG_20190914_131436.jpg
10IMG_20190914_131433.jpg



1528434626409.jpg

以前より紹介している排水処理システム「花水土(はなみづち)」を、私どものところでも2基を購入しました。
ベランダで原水(ひとまずは小水を)を流して試験しようと思います。

(下記一番下の写真は、生活排水用としての使用例です。)

1基・・・・5,500円
2~3人家族なら5基必要・・・・5,500円×5
積み重ねもできます。
送料は3,000円から5,000円

DSC02745.jpg

DSC02751.jpg

IMGP3293花水土使用例.jpg

花水土の容器のお問い合わせや注文は、下記まで。
高松市(株)安戸組 ご担当: 橋詰樣 TEL 090-5713-1452

その他必需品は: 
鹿沼土大粒 18リットル 700円・・・・10L袋や18L袋で売られています。 
軽石大粒 18リットル 700円・・・・価格は目安です。 
畑の土 5~10リットル 

ご参考になりましたら幸いです。 
追ってレポートしたいと思います。 

(注記) 花水土は本来、トイレではなく雑排水処理のための装置です。下水のないところで水路に流せるようにします。 
また、尿は水路に流してはいけません。畑でリサイクルするのが理想的です。 

参考: 

きゅうりの収穫

鹿がこないように中庭で、きゅうり・トマト・バジルを栽培しています。
トマトは花付が悪くまだ実ができません。


DSC01912.jpg
収穫したバジル。

DSC01916.jpg

畑の贈りものをフライパンの中へ。
ピーマン、取りこぼしのちいさなジャガイモ、一日一本収穫できるきゅうり。


DSC01914.jpg

草茫々の畑から収穫

今年の畑がすっかり荒れたままになっていましたが、そんな草茫々の中からジャガイモとなんきんを見つけました。

DSC01560.JPG

DSC01564.JPG

ガーデンコンポスター

畑に大型のガーデンコンポスターを導入しました。

DSC00920.jpg

薪ストーブ

stove.JPG

新潟県のホンマ製です。2005年1月に設置し、背後のレンガは2006年の秋に積みました。
最初は隙間風のせいか、天井が高いせいか、期待したほどに暖まりませんが、外から室内に入るとそこそこ暖かいです。
冬は、調理にも使います。
さらに2007年に改良して、隙間もほとんど無くなりました。

設置費用:
本体、煙突、タイル、レンガ・取り付け費用など25万円くらいかかりました。



薪ストーブの設置(2005年1月15日)

薪ストーブのその後(2008年2月15日)

ルバーブのジャム作り

今年最初に収穫したルバーブ(2年もの)でジャムを作りました。

ルバーブは蕗のようにすじをむく必要はありません。
キビ砂糖を加え、電子レンジで加熱するだけ。


DSC00740.jpg

3年目のルバーブ

2006年に発芽した貴重な1本です。

DSC00723.jpg

ルバーブの移植

ルバーブを株間60cmで移植しました。
畑の土も柔らかくなりました。
本格的な収穫は3年目からです。
待ちどうしい!

DSC00674.jpg

DSC00746.jpg

123

      

月別アーカイブ