暗渠排水管(溝付有孔管)・・・手前砂利の下に見える黒い管

粘土質の土では、雨が降るとぬかるみ、天気が続くとコンクリートのように固くなります。
とりあえず、梅雨に備えて排水を確保しました。
ネオドレーン75∮・・・と思いますが、工務店さんの在庫でよく似た商品です。

2015062601.jpg

2015062602.jpg

水路は幅60cm掘るつもりでしたが、なかなか大変で、
たぶん40cm位、これで長さ8m(4mを2本・呼び径75)になりました。
突き当りに側溝があります。側溝 → 雨水枡 → 塩ビパイプで、水路に誘導します。

このパイプは網になっていて外側にらせんに筋が巻いてあります。
砂利の大きさは、駐車場などにも敷かれているような、ふつうのサイズです。

砂利は底に10~15cm、周りと上も15cm位敷きました。幅40cm位。

トウモロコシ

畑ではトウモロコシが育っています。

昨年は、ハクビシン(おそらく)に実を折られて全滅でした。
そろそろ囲いをしなければなりません。

名称未設定 5.jpg

(5月20日の日中、夜行性と言われるハクビシンが畑に出没しました。残念ながら写真撮影はできませんでしたが、体調60~70cm、いやもっと大きかったか・・・。しっぽが長く、顔の中央に白い筋、頑丈そうな体つきにびっくりしました。隣家の雑木林に生息しているようです。)

名称未設定 6.jpg


困った土

長引いた工事もやっと終盤を迎えた5月中旬のことです。

 

地盤改良で掘り上げられたねんど土があり、雨が降るとぬるぬる滑って歩けないようになっていました。

そこへ「肥土(肥えた土)」という前触れで土を貰い入れることになりました。

ところが、運んでもらったものは石ころが混じった古い田んぼの土でした。何年も放置されて、がれきも投げ込まれたようなものでした。

雨が降ると泥沼になってしまいます。乾くとコンクリートのように固いので、小型耕運機で土をほぐそうとすると、石ころにあたって耕運機が壊れそうです。

こんなことなら真砂土を購入すればよかったと後悔・・・。

 

再びユンボでこの土を持ち出すこともかなわず、小型耕運機で表面だけほぐし、石を拾ってから竹チップを撒いて土に混ぜ込むよう試みました。


名称未設定 1.jpg
運び込んだ古田の土をユンボで均す。

名称未設定 2.jpg
ユンボのキャタピラの跡

名称未設定 3.jpg
名称未設定 4.jpg小型耕運機で表面を均して、竹チップを撒く

kouunki.jpg

 

今後、雨が降って、泥沼になった土に、多少なりとも変化があるか見ていくつもりです。

改良には数年から5年かかるとも・・・。

竹チップの効果を確かめたいのですが、なかなか雨が降りません。

北都物産様「パネルハウス」展示場(神奈川県相模原市)に、エクセルNEを設置いただきました。
ぜひパネルハウスとコンポストトイレの両方をご見学ください。

普段は無人の展示場です。かならず下記ホームページをご覧ください。
施錠についての記述などをお読みになってお越し下さい。

sagamihara10.jpg
sagamihara09.jpg
sagamihara01.jpg

パネルハウスは、DIYかんたん組み立てのキットハウスです。小屋、ガレージ、そして離れのトイレ小屋としても最適です。ぜひ一度ホームページをご覧下さい。

hokuto1.jpg
hokuto2.jpg
あたらしいチップを入荷しました。
くぬぎの木のチップで、ちょうどコンポストトイレには最適な目の粗さです。
新しいユーザー様にはこちら30リットルをつけてお届けします。

すでにお使いのユーザー様にも、もちろん使っていただきたいと思います。
できるかぎり低価格でお届けしていきたいと思っていますが、送料だけはどうしようもありませんので限界があります・・・。ご理解ください。m( _ _ )m

届いた状態では、水分を含んでいましたので、今日は風もあったので天日干しにしました。袋にいれたままでしたが、すこし水分は抜けたようです。

写真 3[1].JPG
写真 2.JPG

写真 1.JPG


生ごみ、だいぶと土のようになってきました。まだまだ!

CIMG7133.JPG

レタスとキャベツ 2月23日種蒔


CIMG7122.JPG

3月に入って、最低気温4℃を下回る日もありますが、3月6日ころから発芽しはじめました。

夜は、ビニールを掛けて保温しています。


コンポストトイレ「エクセルNE」の設置について説明します。
(実際の設置には、かならず取扱説明書をお読みください。)

DIYでできます。
もちろん、大工さんにお願いしても良いです。

「エクセルNE」は、電気をつかわないタイプです。
山小屋、農場、畑小屋など、さまざまな場所で活躍しています。

tsuchitokaze3.JPG(写真上)農園での設置例:こえどファーム様(埼玉県川越市)のエクセルNE

naganoN10.jpg
(写真上)ツリーハウス:長野県N様のエクセルNE

今回は、まったく電気が無い場所に設置する方法を紹介します。
(電気がきている場合については後述します。)

ファンを回さなければいけないので、ソーラーパネルを使用します。

ソーラーパネルといっても、30センチ四方ほどの小さなものです。
金額も数千円です。

solarpanel.JPG
(パイプを曲げずに垂直に設置するなら、
上昇気流がおきるので、ソーラーパネルは要りません。)

「エクセルNE」の設置は、基本的に次の二つだけです。

(1)換気パイプを屋外にだす

(2)ドレインホースの設置


それでは、(1)換気パイプを屋外にだす から説明します。

お届けの際にDIYキットを同封しています。

ExcelNEwhatsinthebox.jpg
基本的に必要なものはすべて含まれています。

まず、エクセルNE本体の設置位置を決めます。

その上に、「継ぎ手」と「12Vファン」をのせます。
12vFan_IMG_4844.JPG
のこぎりで壁に穴を開けます。

61f55411bef371b14eebaae85f7b1116.jpg
753150e9bfc2fabc7ec6a8ad125df3f1.jpg
パイプを通してください。

547a45793e3908895a1ca1a3c6e748ec.jpg
換気の効率をよくするために斜めを推奨しています。

それから、壁に穴をあけずに、既存の窓から出してもOKです。
スキマをベニヤ板や粘土(エアコン設置用)でうめてください。
(写真下は細いパイプの例)
mado_vent,jpg.jpg

それから、ジャバラのパイプも便利です。
(写真下は細いパイプの例)
20131216P5030042.JPG
問題なくパイプが通りましたら、シリコン材などでスキマを埋めてください。
エアコンの室外機への穴をふさぐための粘土も便利です。
ホームセンターで売られています。
85985a09fc18ebd83f7eae73784b7481.jpg
継ぎ手と接続して、屋外で垂直にしてください。
先端には、ディフューザーとT字笠をとりつけて雨や雪を防いでください。
付属しています。さしこむだけでOKです。
2e652919a49c5a180bcc7b79846ab569.jpg
また、「防虫ネット」を購入してとりつけてください。
鳥や虫の侵入を防ぎます。
(防虫ネットも付属しています。)
routoru9e2afb176d99eb5c9fda8cec95231172.jpg寒冷地の場合は、断熱材を換気パイプにまきつけます。
(内部での結露を防ぎます。)

換気パイプの完成です!

次に、ソーラーパネルを置きます。
傾斜30度をつけて、南向きの日当りの良いところに。
9c70e5efd41ef89ec59c04f33260645e.jpg
屋根につければ障害物が無くて良い。
SP_roof.jpg
夜や曇りの日でも作動するように、12Vバッテリーを接続してください。
お申し付け下さい。ご自分で用意する場合は下記など。
img59861062.jpg
電線をつないで完成です!

haisen.jpg

電気がきている場所のばあいは、100V仕様のトイレファンをとりつけます。相談のうえお届けします。
21FLc5vKGuL.jpg

これで、換気パイプの設置は終了です!
お疲れさまでございました!

つぎに (2)ドレインホースの設置 にうつります。
ドレインホースをつなげれば、設置はすべて完了です!

次の記事で説明します。下記をクリックしてください。


設置がおわりましたら、ぜひ下記もお読みください。
《コンポストトイレの点検》・・・(現在作成中)

ご質問などがありましたら、お気軽にお聞かせください。こちら


この記事作成にあたっては、山梨県北杜市清里の
「老頭児おじさん」様より写真提供いただきました。
ぜひお読みください:ブログ老頭児おじさん奮闘記
エクセル」「コンパクトなどの設置について、説明します。
(実際の設置には、かならず取扱説明書をお読みください。)

DIYでできます。
もちろん、大工さんにお願いしても良いです。

別荘、田舎暮らし、山小屋など、さまざまな場所で活躍しています。

(写真下:前橋市S様 別荘/ゲストハウスにて週末利用)
maehashi-s01.jpg
(写真下:北海道標茶町A様 別荘利用)
shibecha.jpg

電気モデルの設置は、基本的に次の二つだけです。

(1)換気パイプを屋外にだす

(2)ドレインホースの設置(必要な場合のみ)


それでは、(1)換気パイプを屋外にだす から説明します。
まず、お届けの際にDIYキットを同封しています。

DIYkit_electric.jpg

基本的に必要なものはすべて含まれています。

まず、コンポストトイレ本体の設置位置を決めます。

次に、のこぎり(ホールソー)で壁に穴を開けます。
holesaw.JPG
窓を利用する方法もあります。
ベニヤ板とエアコン用の粘土を使ってください。
壁に穴をあけなくて良いので簡単です。
mado_vent,jpg.jpg
ジャバラのパイプを使用する方法もあります。
jyabara_akiyama.jpg
換気の効率をよくするために斜めを推奨しています。

必ずというわけではありませんが、とくに、
「将来的に、コンポストトイレを電気を切って使いたい」
とお考えの場合は、かならず斜めにしてください。

継ぎ手と接続して、屋外で垂直にしてください。

yamanashi_k_vent.jpg
風で飛ばされたり、雪で折れたりしないように。
先端には、T字型の継ぎ手とディフューザーで雨雪が入らないようにします。(付属しています)

また、「防虫ネット」を購入してとりつけます。
小鳥や虫の侵入を防ぎます。
(こちらも付属してお届けします。)
bouchu_net.jpg

寒冷地の場合は、断熱材(付属品)換気パイプにまきつけます。
長さが足らない場合は《庭仕事ひろば》までご連絡ください。

これで換気パイプの完成です



寒冷地の場合、人数が多い場合、停電を想定する場合には、
(2)ドレインホースを設置 してください。
下記をお読みください。

設置がおわりましたら、ぜひ下記もお読みください。
《コンポストトイレの掃除・点検》・・・(現在作成中)

ご質問などがありましたら、お気軽にお聞かせください。こちら

2014年の生ゴミ

2014年後半~2015年1月の生ごみ、2人分約80kg。
コンポスター「くうたくん」へ生ごみ投入の際には、竹チップ、枯葉・枯れ枝(空気を取り込むため)などを投入しました。

「くうたくん」内の体積が急に下がってきたので、コンポスターから取り除き、撹拌することにしました。
一ヶ月以内に投入したものは、まだ、ほとんどが形状を残しています。底の方は、水分が多くなっていましたが、悪臭がするほどでありません。

CIMG7073.JPG

鍬でかき混ぜ、ビニールを被せました。1週間に1~2度撹拌して堆肥化を待つことにします。

CIMG7074.JPG
新潟県上越市、O様がコンパクトを設置されました。写真とお手紙をいただきました。

 「趣味で鍛金をやっています。主に銅の板をたたき、皿や花瓶などの工芸品や公募展に出品する作品を作っています。 今まで、中山間地の近所から離れた自宅で制作をやっていましたが、マンションを購入し、市街地に住むことになりました。 そうすると、困るのが作品を作る場所を確保することです。鍛金は大きな音がします。 マンションでは無理ということで、近所に土地を購入し、小さなアトリエを建てました。購入した土地は、「第一種低層住宅専用地域」の指定で、住宅以外は建てられません。住宅の要件は、玄関、台所、トイレがあることです。アトリエでの制作は週末が中心で私一人です。たまに家内が来て、ミニ菜園や花壇をかまう程度です。そうしたこともあり、実際に寝起きする住宅ではないこともあり、設置や維持の費用軽減、 環境への配慮を考え、水を使わなくてもよいトイレを設置したいと思いました。そこで、ネットでいろいろなトイレを検索し、手ごろで設置や維持の費用軽減、環境への配慮の点から、庭仕事ひろば様のコンポストトイレを購入することにしました。工務店にもその大きさ等を教え、トイレの設置も行ってもらいました。実際、使ってみて、 臭いもなく、快適に使用することができ、大変助かっています。」

niigataO-1.jpgのサムネール画像

niigataO-2.jpg niigataO-3.jpg

鍛金の作品の写真を、お願いして送っていただきました。 日本現代工芸美術展にて受賞もされている素晴らしい作品です。

niigataO-4.jpgのサムネール画像

情報、お写真、ありがとうございました!
<<前のページへ 1234567891011

      

月別アーカイブ