フライパンも綺麗に...

この寒い冬も元気で頑張っています。
フライパンの汚れを「くうたくん」が食べてくれます。
この日は、天糟スプーン1杯と茶殻、コーヒー糟を投入しました。

20110122_01.jpg

20110122_02.jpg
ティッシュペーパーできれいに 後は水洗いだけ。

20110122_03.jpg
テイシューペーパーも一緒に「くうたくん」の中へ。

『生ごみ110番くうたくん』の開発者である環境カウンセラー・藤本倫子氏が、平成22年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰の環境教育・普及啓発部門を受賞されました。
学校現場や数多くの市町村へ『生ごみ110番くうたくん』を紹介し、「生ごみ減量」の普及活動から、地球温暖化防止への功績が認められました。

環境省のホームページはこちら


現在は佐賀市で生ごみ110番体験道場を運営されています。

生ごみ110番体験道場〜こだまの里〜
佐賀県佐賀市富士町大字古湯字矢櫃(ヤヒツ)3-1
お問合せ・見学予約:藤本環境オフィス FAX: 092-511-7777

20101215_1.jpg
20101215_2.jpg
※写真をクリックすると大きく表示されます。


草茫々の畑から収穫

今年の畑がすっかり荒れたままになっていましたが、そんな草茫々の中からジャガイモとなんきんを見つけました。

DSC01560.JPG

DSC01564.JPG

Sun-Mar社のコンポストトイレ(バイオトイレ)の紹介ビデオです。


生ゴミ堆肥完成

くうたくん、元気です。生ごみ堆肥出来上がりました!

大阪での2人分と、週末の福崎、あわせて生ゴミ8ヶ月分です。
イチジク皮など200個以上も。

はじめ30リットル(8〜9kg)の母材(竹チップと酵素)で、いま25kgとなりました。
かなり水分が増えたので乾燥中。

半分は堆肥に、半分は元菌として使っていきます!

DSC01042.JPG

ガーデンコンポスター

畑に大型のガーデンコンポスターを導入しました。

DSC00920.jpg

薪ストーブ

stove.JPG

新潟県のホンマ製です。2005年1月に設置し、背後のレンガは2006年の秋に積みました。
最初は隙間風のせいか、天井が高いせいか、期待したほどに暖まりませんが、外から室内に入るとそこそこ暖かいです。
冬は、調理にも使います。
さらに2007年に改良して、隙間もほとんど無くなりました。

設置費用:
本体、煙突、タイル、レンガ・取り付け費用など25万円くらいかかりました。



薪ストーブの設置(2005年1月15日)

薪ストーブのその後(2008年2月15日)

新しいテーブル

中庭に新しいテーブルができました!
棟梁は写真では見えませんが、お二人につくっていただきました。


s-P1000942.jpg

s-P1000947.jpg

おふたり、ありがとうございました!

ルバーブのジャム作り

今年最初に収穫したルバーブ(2年もの)でジャムを作りました。

ルバーブは蕗のようにすじをむく必要はありません。
キビ砂糖を加え、電子レンジで加熱するだけ。


DSC00740.jpg

3年目のルバーブ

2006年に発芽した貴重な1本です。

DSC00723.jpg

<<前のページへ 1234567891011

      

月別アーカイブ